スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごあいさつ

ホームページが新しくなりました。
ブログも開設しました。
会社の思い、経営者・働く人の考え方を知ってもらえたらと思います。

先日、組織変革の本「ザ・チェンジ!人と職場がガラリと変わる」を
読んでいたら、組織変革チームの名前をつけるというくだりに「ルネッサンス」
という言葉が出てきました。
それに触発されて、塩野七生の「ルネッサスとは何であったか」を読みました。
著者によれば、ルネッサンスを一言で表すと「見たい、知りたい、わかりたい」
だそうです。

ローマが滅んだ後の1000年は暗黒の中世と言われます。
キリスト教が世を支配し、「信じる」ことしか許されなかった時代です。
人間の本質の「なぜ?」が封じられた時代です。

その「なぜ」が花咲いたのがルネッサンスです。
人間の大いなる探究心が花開いた時代です。
ルネッサンスは芸術に限らず、新大陸発見という大航海時代の訪れにも影響を与えました。

今、企業に必要なものは、大いなる探究心、ルネッサンスかもしれません。
スポンサーサイト
THEME:建設業 | GENRE:ビジネス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。